産み分けとは、生まれくる赤ちゃんの性別を男の子か女の子どちらか希望し、妊娠前に最適なタイミングで性交して対策をとることです。

産み分けは100%の確率で成功するとは限りませんが、夫婦が協力することで産み分けが高い確率でできると言われているので、しっかり話し合いをしながら取り組むことが必要です。

また、産み分けをするためには避妊についての知識が重要になるため、性交のタイミングや避妊方法も夫婦で共有しましょう。

では、産み分けをするためになぜ性交のタイミングや避妊が重要になるのか、そのメカニズムについて詳しく説明していきますね。

赤ちゃんの性別は精子と卵子の組み合わせによって決まる!

性別は運命的なことかもしれませんが、性交により精子と卵子が受精した瞬間に赤ちゃんの性別は決まります。

人間が持っている46本の染色体のうち、2本の染色体は性別を決める「性染色体」で、X染色体とY染色体と言われています。

男性の精子にはX染色体とY染色体が1本ずつ存在し、女性の卵子にはX染色体が2本存在しており、精子と卵子の組み合わせで男の子の赤ちゃんか女の子の赤ちゃんが決まるというわけです。

組み合わせがXYなら男の子、XXなら女の子になります。

精子にはX精子とY精子がある

意外と知らない人が多いかもしれませんが、実は精子にはX精子、Y精子と呼ばれる2種類の精子に分かれています。

同じ精子でも2種類あるなんて驚きですよね!

X精子とY精子は、性質や寿命がそれぞれ異なるためいつ受精するかが最大のポイントになります。

では、産み分けするために必要なX精子とY精子の特徴について確認してみましょう。

X精子の特徴

  • X卵子と受精すると女の子の赤ちゃんが生まれる
  • 寿命は2~3日と長いので精子が生き残る確率が高い
  • Y精子よりも数が少ない
  • 酸性に強い
  • 動きが遅く、泳ぐスピードも遅い

Y精子の特徴

  • X卵子と受精すると男の子の赤ちゃんが生まれる
  • 寿命は1日しかなく生きている時間が短い
  • X精子よりも数が約2倍ある
  • アルカリ性に強い
  • 動きが活発で早く泳ぐスピードも早い

精子の性質や寿命などの特徴を理解して、排卵日を基準にベストタイミングで性交できるようにすると産み分けの確率が高くなります。

排卵日とは、約1か月に1回女性の卵巣から卵子が飛び出し卵管で受精を待つ状態の日のことで、この排卵日を特定することもとても重要です。

夫婦でしっかり性交のタイミングの計画を立てましょう。

女の子の赤ちゃんを希望する時

・性交のタイミングは排卵日の2~3日前

膣内がアルカリ性になる排卵日の2~3日前は膣内がまだ酸性の状態で、寿命が長く酸性に強いX精子は元気に生きることができ、寿命の短いY精子よりもX精子が優位になります。

・Y精子の数を減らしておく

2~3日に1回射精すると寿命が短いY精子の数が減ることになるので寿命が長いX精子が多く残るため卵子と受精しやすくなります。

特定日以外は避妊をすることが必要になるのでパートナーに確認しておきましょう。

・淡白な性交をする

女性が性交でオーガズムを感じると膣内が酸性からアルカリ性になるので、アルカリ性に弱いX精子が残りにくくなります。

濃厚な性交をせず淡白な性交にしましょう。

男の子の赤ちゃんを希望する時

・性交のタイミングは排卵日当日

膣内が酸性からアルカリ性になる排卵日は、アルカリ性に強く数が多いY精子が卵子と受精しやすい環境なので排卵日に性交をしましょう。

・Y精子を増やすために3~5日前は禁欲する

X精子よりもY精子をさらに増やすために性交をする3日~5日は禁欲しておきましょう。5日以上の禁欲はY精子の運動能力が下がるので注意が必要です。

・濃厚な性交をする

女性が性交でオーガズムを感じると膣内が酸性からアルカリ性になるので、アルカリ性に強いY精子が元気に生き残ることができます。

女性がオーガズムを感じやすいように濃厚な性交をしましょう。

特定日以外は必ず避妊をする!

排卵日の特定に失敗していると産み分けの成功率が下がるので、産み分けをする目的での性交以外は必ず避妊をしましょう。

避妊方法には様々な種類があり、体調や生活環境など自分に適した避妊ができるようにしっかり心がけてくださいね。

では、どんな避妊方法があるのか、その種類や効果を見ていきましょう。

コンドーム

コンドームは、男性器に被せる薄いゴム製のカバーで、精子が膣内に侵入するのを防ぎ

ます。

コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入でき、避妊方法の中でも一番使用率も高いアイテムです。

誤った装着や破損により避妊に失敗する可能性もありますが、正しく装着すると高い確率で避妊ができます。

ペッサリー

ペッサリーは、伸縮性のある柔らかいドーム状のゴムで女性の子宮口に被せて精子が膣内に侵入するのを防ぎます。

サイズは10種類あり、事前に産婦人科を受診して医師に子宮口のサイズを測ってもらわなければいけないので時間も手間もかかります。

装着するのが難しいことや使用後に洗浄・乾燥の必要がある他にドラッグストアなどでは購入できないことから使用する人はそれほど多くありません。

殺精子剤

性交前に膣内に殺精子剤という薬剤を挿入し、射精した精子の働きを麻痺させ殺してしまう効果があります。

殺精子剤にはゼリータイプ、フィルムタイプ、錠剤タイプがあり、効果が早いゼリータイプが人気です。

効果持続時間が短いことから単品での使用よりも他の避妊具との併用をおすすめします。

膣外射精

膣内に精子が侵入しないように射精の直前に膣内から男性器を出し膣外に射精することです。

器具や薬品などの必要性もなく費用もかからないため、実際に行うケースは多いが避妊に失敗する危険性が最も高くなります。正しい避妊方法とは言えないでしょう。

まとめ

産み分けをするために排卵日を特定し、夫婦で計画を立てて性交しても特定日以外に避妊せず性交してしまうと産み分けの成功率は下がってしまいます。

100%の確率で産み分けができるわけではありませんが、性交のタイミングや避妊に注意することで理想とする赤ちゃんの性別の確率はぐっと上がりますよ。