妊活の中でも大切になってくるのが排卵日の特定です。

子宮の中に卵子が飛び出している排卵日は、約28日のうちに1日だけ。そのタイミングで卵子と精子を受精させなければ、妊娠には至りません。妊娠の確率をアップさせるために、また産み分けを成功させるためにも、排卵日の特定は重要なのです。

ここではそんな排卵日を特定しやすくなる“体のサイン”をいくつかご紹介していきます。

排卵日を特定するときの基礎

排卵日を特定するための基礎となるのが“基礎体温”です。基礎体温とは、朝起きてすぐの体温のこと。毎日計ってグラフとして記録していると、排卵前と排卵後では体温の平均が違うことが分かります。

排卵が起こる前は体温が比較的低い“低温気”。排卵が起こった後は体温が比較的高い“高温期”になります。低温気から高温期に移り変わるときには、低温気よりも体温がさらにがくっと下がります。これが「排卵がもうすぐ始まりますよ」という体からのサインです。

妊活はまずこのように基礎体温を記録して、自分の体のリズムを把握することからはじまります。

知っておきたい2つの排卵のサイン

基礎体温以外にも、排卵の目安となるサインがあります。“頸管粘液”と“排卵痛”の2つです。この2つを意識することで、排卵日をより確実に特定することができます。それぞれどんなサインなのか、詳しくご説明していきます。

頸管粘液とは?

頸管(けいかん)粘液とは、“子宮頸管”というところから分泌される粘り気のある液体のことです。子宮頸管とは膣と子宮をつなぐ細い通路のようなもの。頸管粘液には、膣に入った精子を泳ぎやすくしてくれる他、膣内の酸性をやわらげて精子が死滅するのを防いでくれる働きがあります。妊娠しやすいようにサポートしてくれる存在です。

・量の変化

通常の頸管粘液は羊かんほどの固さがあります。ところが排卵前になると少しずつ柔らかくなり、卵の白身のようなどろりとした液体に変化します。おりものの量が多くなるほど、排卵が近いサインです。人によって違いはありますが、だいたい排卵の12~72時間前から頸管粘液の量が増えると言われています。

・粘度の変化

排卵日に近づくにつれて、頸管粘液の粘り気も強くなっていきます。やや硬さがある通常の頸管粘液は、ほとんど粘り気がありません。指と指で引っ張ってもすぐに切れてしまいます。排卵日の2~3日前にはそれがスーッと伸びるようになり、排卵日には約10㎝ほど伸びるようになります。指いっぱいに伸ばしても粘液が切れずに伸びる場合は排卵日が限りなく近い、ということになります。

頸管粘液は自分でも簡単にチェックすることができますから、「そろそろ排卵日かも…」というときには次の方法を試してみましょう。

  1. 手を洗い、指を清潔にしておく
  2. 人差し指と中指を膣の奥に挿入する
  3. 子宮頸管(膣の突き当たり)付近の粘液を指でつまみ取り出す
  4. 粘液を親指と人差し指ではさみ、引っ張って粘度を確認する

排卵痛とは?

排卵痛はその名前の通り、排卵が起こるときに感じる痛みのことをいいます。卵子が成熟すると、ホルモンの影響で“卵胞”という細胞が破裂します。そして卵子は飛び出し、子宮内へ。この時の痛みが、下腹部の鈍い痛みとなって現れることがあります。他にも下腹部の膨満感や、破裂による出血が見られる人もいます。

排卵痛は排卵5~6時間前から起こることが多いようです。ピークは排卵が起こっている時で、30~3時間程度が一般的。この痛みを感じ取れるようになると、排卵日だけではなく排卵の時間も把握しやすくなります。痛みが強くなったあとは排卵している(卵子が子宮へ飛び出している)可能性が高いですから、その卵子が寿命を迎える前に性交ができれば、妊娠の確率はぐっと高くなります。

産み分け時に意識したい排卵のサイン

男の子を希望する場合

男の子を希望する場合は、普通の妊活と同じように排卵日当日に性交を行うのがベストです。

  • 体温ががくっと下がる
  • 頸管粘液が多く、指いっぱいに伸ばしても粘液が切れない
  • 排卵痛が出始める

この3つのサインを見逃さないようにしましょう。

女の子を希望する場合

女の子を希望する場合には、排卵日の2日前に性交を行うのがベストです。

  • 体温ががくっと下がる2日前(グラフを見て予測)
  • 頸管粘液が増えだし、指で引っ張った時に液が簡単に切れない
  • 排卵痛がない

排卵のサインが出る少し前を意識するのがポイントです。

不安な場合はクリニックに相談してみよう!

「排卵が不規則で、予測しづらい」「排卵のサインが出ているのかいないのか?いまいち分かりにくい」という人は、クリニックに相談してみましょう。

超音波検査で卵胞のサイズを計ることで、より正確な排卵日を特定することができます。

また尿中の成分で排卵日を知ることができる検査薬“エルチェック”や“クリアプラン”などを取り入れてみるのも一つの方法です。